TOP↑

PIUS -EDUCATION.Ver-

分解/組立実習を通して自動車の基礎構造と基礎技術、
そしてモノづくりにおける様々な知識を習得できる。
次世代エンジニアを育成する実践型教材"PIUSピウスエデュケーションver."

INFORMATION

2015/1/27. 「PIUS Education Ver.」が第21回東北ニュービジネス大賞表彰制度(東北ニュービジネス協議会主催)において「アントレプレナー大賞」を受賞致しました。

PIUSピウスエデュケーションver.は、株式会社モディーが開発したPIUS-kit car-をベースに、一関高等専門学校監修の元、株式会社モディーが新たに開発した実践型トレーニングキットです。本教材は、次世代モビリティ開発者の育成と、自動車のみならず、自動車を取り巻く環境についても取扱い、幅広い洞察力を持つ人材の育成を目的としています。

基礎教育ユニット

基礎教育は、6コマの講義と3コマの分解実習、3コマの組立実習からなります(1コマ100分)。次世代モビリティ開発に必要な知識、技術を養うとともに、仕事において求められる、現場での対応力、マネジメント力を身につけます。※3学期制授業への対応も検討しています。

授業カリキュラム(工業高等専門学校や大学の学部教育向けカリキュラム)

実技講義で自動車の基本構造と技術を習得

分解実習

分解実習は学生にとって、すべてが初めての体験であり、工具の使い方から自動車の構成部品までさまざまな基礎を学ぶことができます。その時の体験は将来エンジニアとして活躍するときの基礎になります。

組立実習

分解したPIUSを再び組立ることで、個々の部品がなぜ必要なのか、どのような働きをするのかを学びます。また、分解実習を得てからの組立実習では、効率よく作業を進めるための作業計画や、手順を学生たちに立案させることで、計画や手順の事前準備の重要性を学べます。電気の安全保安と基礎技術を組立ながら学び、自ら組立たPIUSを試乗することでモノづくりの醍醐味を体験できます。

組立作業ダイジェスト

実際の組立作業の様子です。講師指導の下、3名の学生にPIUSを組立ててもらいました。PIUSは自動車の基本的な構造を抑えつつも、構成部品を約100コンポーネントに抑えています。組立の作業のみであれば、1人の場合6時間程度で組立てることも可能です。

教材セット内容(標準キット)

教材には分解/組立マニュアルとモビリティ開発の基礎教科書の他、実習を行う際に必要な工具、作業マットを付属しており、作業に必要な道具が揃っています(軍手などの消耗品は除きます)。

教材オプション

ADVANCE Kit(アドバンスキット)

”走る”、”曲がる”、”止まる”の走行性能の違いを体験できる組換えキットを開発中です。本キットを用いることで、車両設計の重要性と、それぞれの基本構造、メリット/デメリットの理解を図ります。これにより、商品開発や車両計画、技術開発力を養えます。※本教材は現在開発中となります。また組換えキットによっては、基本教材のPIUS車両本体以外に、専用車体(PIUS48V)が必要となります。

VISUALIZATION(見える化教材)

基礎教育で、構造知識をより深めるための見える化教材を開発しています(参考)。

本教材では自動車に関する知識を得るだけではなく、モノづくりの大切さ、
仕事の基礎を身に付け、未来のエンジニアを育てることができます。

PIUSは教材用だけではなく、教育機関や企業向けの研究・開発のベース用として、イベントのコンテンツ向けにも利用されています。PIUSの詳細な仕様については下記”PIUS-公式Web site-”をご参照下さい。

お問合せ

ご意見、質問につきましては下記お問合せ窓口をご利用ください。

お問合せ窓口:株式会社村上商会 マーケティング担当

電話番号:

03-3714-7573

受付時間:

土日祝日を除く 10:00 ~ 18:00

※メールでのお問合わせについては、PIUS-公式Web site-のお問合せフォームよりお問合せ下さい。